さくさく村|富山県南砺市

おいしいお米とおいしい野菜を産直でお届けいたします!

さくさく村_富山県南砺市

HOME

2008年

2008/12/26 ♪にっこり にっこり にっこり 笑って~♪

20081226
12月より北陸銀行さんのCMに、さくさく村の干柿が映っています。
にっこり にっこり にっこり 笑って~♪  のあのCMです!
氷見の市場や輪島の朝市等の写真が何枚も映しだされるのですが、
さくさく村の干柿は南砺福光干柿として、一番最初に出ます。(↑写真)
北陸地方の方はぜひ見てください。
一瞬なので 『ありがとうをいつも 北陸銀行』 と聞こえたら目の準備をして
見逃さないようにしてくださいね!!

2008/12/06 12月です!

20081206_1
暖かかった昨日と打って変わってこの寒さ。
昨日とは14度くらい差があるそうです。
天気予報通り、雪が降りました。
朝は積もっていなかったのに、お昼から一気に白くなりました。

さくさく村の干し柿『ふくふく柿』は来週の出荷に向けて、着々と準備出来ています。
楽しみにしてくださっている皆さん、もう少しお待ちください!

フォトギャラリー

  • 20081206_2

2008/11/20 

20081120
全国的に寒いようですね。
ここ富山でも雪が降りました。
写真はお昼過ぎに撮りましたので、かなり融けてしまっていました。
慌ててタイヤ交換された方も多いのでは?
昨日は事故も多かったようなので、気をつけないといけませんね。 暖かいと人間はうれしいのですが、干柿にはあまり良くありません。
冷たい空気ますます美味しい干柿となることでしょう。
今年度の干柿の発売まで、あと20日ほどです。
ご予約お待ちしております。

2008/11/13 医王山

20081113
ここ数日よい天気が続いております。
トラクターから、医王の舞の名前の由来でもあります医王山(いおうぜん)がきれいに見えました。
紅葉を見にドライブに行きたいところですが、あいにくと日曜から雨という予報です。

さくさく村の干柿は、この気持ちの良い太陽の光に包まれて、美味しく仕上がることでしょう。

2008/11/01 柿の収穫!干柿加工始まる!

20081101_1
11月1日 ふくふく柿(富山干柿:品種/平核無)のための柿の収穫が始まりました。収穫し、皮を剥き、糸で繋ぎ、竹竿にかけて干します。青空にオレンジの柿の色がはえます。


 ふくふく柿(富山干柿:品種/平核無)の販売開始は、例年通り12月10日ごろを予定しています。皆さんお楽しみに!

フォトギャラリー

  • 20081001_2

2008/10/31 岩城信嘉先生東京展

20081031
10月31日 
今年、医王の舞(富山コシヒカリ)の袋のデザインを変更しました。今回の袋は、地元南砺市(旧城端町)の造形作家・岩城信嘉こと河内屋玄親斎先生の版画(題名:みんなお腹がすかない物語)を用いたものです。この版画は、日本本来の米づくりと現在の米政策を考えるものです。
 今回の袋のデザインをお願いしに伺ったときは、この版画の存在をまったく知りませんでした。岩城信嘉こと河内屋玄親斎先生と米作りについて話しをしている中で、以前に造られたこの版画を思い出され、米作りに取り組む私たちの気持ちをうまく表現されており、是非使わせてほしいとお願いした経緯があります。
 今、東京の港区麻布台のウナックサロンにて、岩城信嘉こと河内屋玄親斎の「世情悪化慨嘆木版画展」が11月14日まで開催されています。
今回展示されている版画は、医王の舞(富山コシヒカリ)の袋に用いた14枚に新たに4枚を加えた18枚です。
 事故米騒動に揺れる社会に対し「昔からひと粒の米に五体佛様がおいでになって、我われの命をお守り下さると聞いて育てていただいてきました」といった文章も彫り込み、日本人の精神文化を形成してきた米作りのあり方を問うものです。
 18枚の版画一枚一枚岩城先生の熱い意思を感じ取ることができるものです。
是非、直に見て頂き、感じていただければと思います。
 医王の舞(富山コシヒカリ)を購入していただいた方には、14枚の版画のしおりをプレゼントしています。

2008/10/28 ホールフードマーケット

20081028_1
10月25日ブラウンライス カフェ&デリで、ホールフードマーケット(whole Food Market)=収穫祭が開催され、そこに参加しました。関わる生産者が多数参加し、販売したり、トークショーやワークショップが行なわれました。
 さくさく村からは、医王の舞(富山コシヒカリ)の玄米、白米、純米酒ほとく、アイコトマト、ラ・フランス、サトイモなどを販売しました。
 また、医王の舞(富山コシヒカリ)の玄米おにぎりの販売があり、作るのが追われるくらいに人気があったようです。

フォトギャラリー

  • 20081028_2
  • 20081028_3
  • 20081028_4

2008/09/30 ATES/アテス 雑誌に掲載される!

20080930_1
 9月30日、9月24日に発売された男性誌ATES/アテス(p-104)に医王の舞(富山コシヒカリ)が掲載されました。「笑い」と「安全な米」2大特集とのことで、富山県からは落語家立川志の輔師匠と、おいしいお米・さくさく村の医王の舞(富山コシヒカリ)が選ばれています。
 この本には、日本各地の多くの米が掲載されています。医王の舞の米と他の米の違いは、「安定」していること、変わらないことだと思います。「安全」、「安心」、「おいしい」に加えて、「安定」をテーマにし、味、品質が毎年、毎月安定し、変わらない。表現しづらく、分かりにくいところですが・・・
ここで、なぞかけ!  
「誌の輔師匠の落語」とかけて「医王の舞のごはん」とく、
そのこころは
「いつでも上手い!」

2008/09/29 富山県生活共同組合(県生協)の体験田

20080929
9月24日、5月に富山県生活協同組合の組合員さんと手植えしたコシヒカリ(医王の舞:富山コシヒカリ)の稲を稲刈りしました。ほんとうは、21日の日曜日に組合員さんたちと医王の舞生産研究会会員と一緒に手刈りする予定でしたが、当日は大雨でそれどころではなくあえなく中止になりました。
 稲の葉が黄金色に変わり、収穫適期を示しています。機械植えと比較すると、手植えの稲は、より茎が太く、実も充実しており、コンバインで刈り取るのですが、その違いを感じて運転しました。組合員の方々に体験してもらい、おいしい新米のおにぎりを食べてもらえなかったのが心残りです。

2008/09/19 稲刈り!

20080919_1
9月19日、稲刈りをしています。まわりの田んぼは、ほとんど稲刈りが終わり、さくさく村の田んぼと晩生の稲だけが残っています。遅く田植えをしたのもありますが、十分に熟すのを待って稲を刈るように努めています。新米の医王の舞(富山コシヒカリ)が食べれるまでには、もう少し係ります。

フォトギャラリー

  • 20080919_2

2008/08/21 富山県生活協同組合との取り組み

20080821_1
8月21日  富山県生協(富山生活協同組合)さんとの取り組みで、10年以上田植えと稲刈り体験を組合員の方に提供しております。稲刈りを3週間後に向かえた時期ではありますが、看板を設置しました。この田んぼのお米は、医王の舞(富山県産コシヒカリ)として、富山県生協へ収めることになります。

フォトギャラリー

  • 20080821_2

2008/08/08 夏やっぱり!

20080808
夏の夕方、せみの鳴き声を聞きながら縁側でビールと枝豆。
北京オリンピックを見ながらビールと枝豆。
ビール飲めなくてもとりあえず枝豆。
さくさく村の黒枝豆 豆作 はおいしくて体にいい!
ブルーサルビアで羽化したみたいです。

2008/08/02  水害!

20080802_1
今週月曜(7月28日)の大雨による水害の影響は、かなりのものでした。
さくさく村の田んぼも被害を受けました。
写真左側の山沿いにある(白い堤防)が本来の川です。
しかし、中央にある田んぼに無数の流木。
今の時期なら、緑色のはずの田んぼが土で茶色になっています。
*****
田んぼには見えませんが、田んぼです。
ほんの少し稲が残っています。
*****
見えている稲も流れてきた土砂に埋まり、本来の丈がありません。
**************************************************************************
工事中ではありません。
写真右端の小さな穴が用水の流れる所なのですが、土砂で埋まり、水が流れません。
ということは、田んぼに水が行かないのです。今から穂が出る大切な時期。水が必要です。
下には沢山の田んぼがあるため、毎日住民がこの中に入り、身体を屈めて手作業で穴を掘っています。中では土砂をバケツリレーで運ぶという作業。かなりの重労働です。
しかしこのままでは、この地域の田んぼは、土砂に埋まらず助かった田んぼもだめになってしまいます。
一刻も早く用水が直り、助かった田んぼだけでも収穫が出来ることを願うばかりです。
**********

フォトギャラリー

  • 20080802_2
  • 20080802_3
  • 20080802_4
  • 20080802_5
  • 20080802_6
  • 20080802_7

2008/07/28 雨の影響

20080728_1
7月28日、さくさく村では昨日、今朝方より雷雨がひどく、会社の周りもかなりの水が川から溢れていました。
周りは田園のため、小さな川が沢山ありますが、どこも溢れており、田んぼだけでなく、道もに水に浸かり、車が通れないところもありました。ここら辺では珍しいことです。
近くの大きな川でも警戒水域を越えており、川原で畑をしていらっしゃる方は大変気の毒に思います。
黒枝豆『豆作』の生産場所、高岡市福岡町でも雨はひどかったようですが、枝豆は無事とのこと。国際有機公社の工場(さくさく村と同じ建物)も水に浸かり、午前中は片付けに追われましたが、昼になると川もかなり水かさが減り、一安心です。
災害に負けず、秋にはおいしいお米が実ってくれると思います。

8時過ぎ  会社の側
******************
9時頃 ハウス
******************
15時頃 ハウス 水が引いた状態

フォトギャラリー

  • 20080728_2
  • 20080728_3

2008/07/23

20080723
7月23日、5月17日に富山県生協組合員さんと田植えをした医王の舞(富山県産コシヒカリ)の田んぼは、稲が青々と茂っています。
田植えをしたときは、まばら(粗植)でしたが、稲の茎が増え横に広がったのですき間がありません。茎の中には、穂の準備ができています。8月の上旬の穂がでるまで、もう少し生長します。

2008/07/10 稲よ。元気に育て!

20080710
7月10日、稲(医王の舞、富山県産コシヒカリ)にポーマンL (イワシのエキス)を葉面散布しました。6月末から7月末までの期間で、稲は最も栄養を必要とし、生長します。葉面散布をすることで、光合成の促進、根から栄養分の吸収が促進され、稲は元気に育ちます。日本海側は、太平洋側の大雨に対して、晴天が多く、今のところ順調な生育をしています。稲の葉っぱを噛むと甘いので、今年もおいしいお米(医王の舞、富山県産コシヒカリ)が期待できそう!

2008/06/02 柿の花咲く!

20080602
5月の末、さくさく村の干柿(ふくふく柿)を作る原料の柿に花が咲きました。白くて小さい花です。この柿の品種は平核無といい、品種的に受粉しなくても実が太るものです。それに受粉しないので種もありません。人為的にしているわけではありません。
 今から、摘果という作業を始めます。大きな実が育つように、間引く作用です。

2008/05/27 医王の舞・田の風景!

20080527
医王の舞の稲が育つ田んぼの風景。
さくさく村では、一坪当りに40株の苗を植えています。]
一般的には、60〜70株より少なく、粗植です。
少なく植えて、光をいっぱい当てて、元気に育てるためです。
苗が植わってないのかと思うぐらい、他の田んぼの風景とは違ってみえます。

2008/05/23 医王の舞の田植え!

20080523_1
今月の満月(22日)を過ぎてから、さくさく村自体の田植えを行いました。
機械を使っての田植えの方法には、苗箱を使うものとポット苗を使うものがあります。ほとんどの農家は、箱苗の方法です。さくさく村では、手植えのように1株1株を大事にするポット苗の方法をとっています。
少しでも健全な苗で田植えを行い、おいしい医王の舞(富山県産コシヒカリ)に育ってくれることを願っての対策です。
 今年は田植機を4条から6条植えのものに変えました(北海道・東北使用の田植機です。北陸初)。これまでよりも早く田植えが終わりました。
これからの稲の生長が楽しみです。

フォトギャラリー

  • 20080523_2
  • 20080523_3

2008/05/17 組合員さんと田植え!

20080517_1
今日は快晴の中、毎年恒例、富山県生協の組合員さんを招いての田植えを行いました。
大人も子供も最初は恐る恐る田んぼに足を入れていましたが、入ってみると意外と気持ちよく、みなさん楽しく田植えができたようです。
予定よりもずいぶんと早く植え終わりました。
気持ちよく働いた後は、みんなでご飯。
医王の舞コシヒカリのおにぎり(白米・玄米)を食べました。
おいしいおにぎりに、子供達もいつも以上に食が進んだようです。
食後には「もっと田植えをした~?い!」という声も!!
苗はこれからどんどん大きくなり、秋にはまた組合員さん達と稲刈りを行います。 きっとおいしいお米が収穫できることでしょう!

フォトギャラリー

  • 20080517_2
  • 20080517_3

2008/04/23 トマトジュース

20080423
北海道旭川のトマトジュースです。
来月より販売いたします。(日未定)
北海道中央部に位置する旭川(上川盆地)は昼夜の寒暖の差が大きいため、糖度と酸味のバランスの取れたトマトを栽培することができます。
真っ赤になるまで樹上で育てたトマトに食塩を少量添加することにより更においしいトマトジュースに仕上がっています。
トマトジュースが苦手な方にも一度飲んでいただきたいトマトジュースです。
販売開始の際にはまたご案内させていただきます。
500ml  6本入り、12本入り

2008/04/20 新・米袋

20080420
医王の舞コシヒカリの米袋が新しくなります!
まずは10kg袋から。 見えますか?
お殿様。 これは地元のアーティスト河内屋玄新さい氏のご協力により、版画『みんなのお腹が空かない物語』を使用させていただきました。
物語の内容は、ぜひお米を購入して読んでください。 他の規格の袋についても在庫がなくなり次第、新しいものに変更していきます。
楽しみにしていてください。

2008/04/19 葉桜

20080419
とうとう散ってしまいました。
これからは新緑を楽しめます。 さくさく村では今週、稲の種を蒔きました。(カメラの調子が悪く撮影できませんでした)
田植えは来月です。
5ヵ月後、おいしい医王の舞コシヒカリが収穫できる予定です!

2008/04/15 

20080415
先週より天気の悪い日が続き、ようやくの晴れ!
桜はもう散り始めています。
事務所には2本の桜がありますが、昨年は大量の虫に荒らされ、今年の花は少なめです。
来年に向けて、今年はちゃんと管理します!!

2008/04/10 肥料散布

20080410

2008/03/25 柿木の剪定

20080325_1
柿木の剪定(せんてい)をしました。
6~7人で5日間かかりました。
毎年山形より菅原さん親子にも剪定の為に来ていただいています。
かなりの重労働ですが、この作業をすることで年末においしい干柿を皆さんにお届けすることができます。

フォトギャラリー

  • 20080325_2

2008/02/07 医王の舞の米粉2

20080207_1
米粉でクッキング!第2弾!!
今回は米粉でホワイトソースを作りました。
そしてホワイトソースと言えばやっぱりグラタン。ということで作ってみました。
見た目も味も小麦粉と変わらずおいしく出来ました。
使い方も小麦粉を米粉に変えただけ。おいしくて簡単です♪

フォトギャラリー

  • 20080207_2

2008/01/25 つらら

20080125
太平洋側と九州はよいお天気だそうですが、富山は曇り時々雪。
さくさく村では細かい雪が降り続いています。 事務所の窓の外につららが出来ていますが、まだまだ小さい。
今年はあまり寒くならないせいで、大きなつららがなかなか出来ません。

2008/01/21 砺波平野

20080121
さくさく村のそばにの医王山にあるイオックスアローザというスキー場からみた砺波平野です。
医王の舞はこの砺波平野で栽培されます。
今の季節は雪で覆われています。

2008/01/21 米粉

20080121_2
医王の舞の玄米粉でクッキーを作ってみました。
薄力粉は使用していません。
口に入れるとほろほろとくずれるような食感になりました。
社内でも好評でした!!

2008/01/17 

20080117_1
ようやく1月らしくなってきました。
時折、晴れ間もある中、細かい雪が降り続いています。
しかしこの雪も今日いっぱいのようです。
週末には気温が上がるそうで、雪も融けてしまいそうです。

フォトギャラリー

  • 20080117_2

2008/01/09 新年!

20080109_1
みなさま、新年あけましておめでとうございます!
ここ富山では、年末に大雪かと心配しておりましたが大した雪ではなく、年明け以降はよいお天気の日が続いております。ここ数日も3月の気温とまで言われております。
さくさく村の田んぼにもほとんど雪がありません。
暖冬?異常気象?? しかし、さくさく村は今年もどんな天候にも負けないおいしいお米や野菜を作りたいと思います。
本年もさくさく村をどうぞよろしくお願いいたします。

フォトギャラリー

  • 20080109_2
有限会社さくさく村
Sakusaku-mura Co., Ltd.
〒939-1681
富山県南砺市才川七678番地
TEL:0763-55-8009
FAX:0763-55-1775
受付時間 9:00〜17:00

モバイルサイト

有限会社さくさく村モバイルサイトQRコード

有限会社さくさく村モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • おいしく健康(ブログ)
  • おいしいご飯の炊き方
  • お客様の声
  • お問い合わせ